薬の監査と疑義照会

medicine

診療所の多くは、看護師や専門知識を持たない事務員が調剤を行います。

必ずしも高度な薬の知識を持っている人が調剤するわけではありません。

したがって、このような「薬の監査」を医療機関ですべて行うことはできません。そこで、その役割の一端を薬局が担っているのです。

「処方されている薬の量が明らかに多く、処方せん通りに服用すると副作用の危険性が高まる」「他の医療機関から処方されている薬と重複していた」など、処方せんの内容に問題が発覚したときには、薬剤師は処方せんを発行した医師に問い合わせ、「処方内容が適切かどうか」について確認を行う義務があります。

これを「疑義照会」と呼びます。

「患者さんがいつも服用している用法や用量と処方内容が今回だけ異なっているが、それで間違いはないのか」「通常の使われ方とは異なる処方内容だが、それで問題はないのか」など、処方内容の変更の有無にかかわらず、処方せんの内容に疑問が生じた場合にも疑義照会は行われます。これによって、投与量の間違いや飲み合わせの有無などをダブルチェックするのです。

「処方せんのミスなんて、そんなに多くないのでは?」と思っている方は多いと思います。しかし、実際には処方せんのミスは多く、一日のうちに一回も疑義照会しない日というのはほとんどありません。重要なのは、これら薬剤師が行っている作業の大部分は、患者さんから見えないところで行われているという点にあります。

疑義照会に限らず、薬局の奥で行われている作業はたくさんあります。例えば、薬の服用量が多い方は飲み間違いがないようにすべての薬をシートから出し、1回分ずつを1包装にまとめる「一包化」と呼ばれる作業を行っています。

また、粉薬や軟膏の場合はあらかじめ分けられていないことも多いため、その場で量って薬を作ることがあります。

同じ家族の子供数人分の薬を調剤するとき、目印を付けることで投与に間違いがないように工夫することもあります。

このように、薬剤師というのは、患者さんによってはオーダーメイドで薬を調剤しています。処方せんの内容から問題点を取り除き、患者さんに合わせた調剤を、見えない場所で行っているのです。

(続く)

患者情報の重要性

medicine

薬局側が「他の医療機関でも薬を処方してもらっている」という患者情報を知ることができれば、「薬が重なっていないか」「相互作用は起こらないか」などをチェックすることができます。

特定の病気に対しては使用できない薬も多いため、現在、または過去に発症したことのある病気を知ることも重要です。

例えば、緑内障患者に対してはある種の睡眠薬や抗うつ薬、パーキンソン病治療薬などの投与が禁忌(投与してはいけない)となる場合があります。

喘息患者も同様で、高血圧や不整脈の治療に使用される薬が使えない場合もあります。

処方せんには病名が記載されていないため、薬局側が病気について聞くのはこのためです。

これらを総合的に判断することで、薬の服用によって副作用が表れたり、病気の症状が悪化したりしないように監視しているのです。

他方、妊婦や授乳中の方に対して使用できない薬もあります。これらの方に薬の副作用ができるだけ起こらないように見張ることも薬剤師の役割です。

ここでは詳しく触れることはしませんが、糖尿病治療薬や抗菌薬、解熱鎮痛剤など、妊婦が注意しなければならない薬は数多く存在します。

(続く)

薬剤師からの質問の意義

medicine

薬剤師が薬局で患者さんに飲酒の頻度をなぜ聞くのかというと、睡眠薬などの薬は、お酒と一緒に服用すると副作用が表れやすくなるからです。

お酒を多量に飲むと、アルコールの作用によって次第に眠くなるなど、意識の混濁化が起こります。

これは、アルコールが脳の機能を抑えるためです。睡眠薬も同様で、睡眠薬には、脳の機能を抑えることで眠気を引き起こす働きがあります。

つまり、睡眠薬とアルコールを併用すると両方が作用し、脳機能が抑制され過ぎてしまうのです。

こうしたことから、睡眠薬を服用した後の記憶が完全に抜け落ちてしまったり、呼吸機能が抑制されることで呼吸困難に陥ったりすることがあります。

アレルギーの有無も同様です。薬には有効成分以外に添加物も含まれています。

添加物がアレルギーの原因となることがあるため、これまで服用していた薬から他の薬へ切り替えるときには注意が必要です。

例えば添加物として、牛乳アレルギーで問題となる「カゼイン」や、卵アレルギーで重要となる「卵黄レシチン」などが含まれることがあります。

薬を飲む前にこうした食物アレルギーの有無が分かっていれば、薬によるアレルギー問題を回避することができます。

(続く)