酵素とは?

medicine

ここまで、薬の作用を考えるうえで受容体の重要性について触れてきました。次は、酵素の重要性です。酵素というのは、イメージとしては「ある物質を他の物質へと変換させる工場」のようなものです。酵素が働くと、新たな物質が生まれます。

痛み止めの薬(鎮痛剤)を例に挙げましょう。私たちは怪我をすると痛みを感じますが、このとき、なぜ痛みを感じるのでしようか。その理由はシンプルで、私たちの体の中には「痛み物質」が存在しているからです。

ということは、この「痛み物質」を無効化してしまえば、痛みを抑制することができるはずです。つまり、痛み止めの薬は、「痛み物質」が作られないような働きをするのです。

一方、「痛み物質」が存在するということは、「痛み物質」を作る酵素があるということです。痛み止めの薬は、この酵素を阻害することで痛みを鎮めます。これが、痛み止めの薬である鎮痛剤のメカニズムです。

この「痛み物質」はプロスタグランジンと呼ばれています。私たち薬剤師の間では鎮痛剤のメカニズムを説明する際、「プロスタグランジン産生を抑制し、痛みを鎮める」と表現しますが、言い方を変えれば、「酵素の阻害によって痛み物質が作られる過程を抑制し、痛みを鎮める」ということです。

高血圧治療薬の場合はどうでしょうか。「血圧を上昇させる物質」に、アンジオテンシンⅡという物質があります。

このアンジオテンシンⅡの働きを抑えることができれば血圧を下げることができます。その一つの方法は、アンジオテンシンⅡが受容体に作用しないように阻害薬を投与することです。たとえアンジオテンシンⅡが存在したとしても、あらかじめ受容体を阻害しておけば作用することはありません。

もう一つの方法は、「アンジオテンシンⅡが作られないようにする」というものです。そもそも、血圧上昇に関わるアンジオテンシンⅡが新たに合成されなければ、血圧が上がることはありません。

アンジオテンシンⅡは酵素によって作られます。つまり、酵素を阻害すれば新たなアンジオテンシンⅡは生成されなくなり、血圧を下げることができるようになります。

酵素には「新たな物質を作り出す」という働きがあります。酵素によって作り出される物質が「痛み物質」の場合、この酵素を阻害する薬が痛み止めの薬となります。

酵素によって「血圧上昇に関わる物質」が作り出される場合、この酵素を阻害する薬が血圧を下げる薬になります。これが、酵素阻害によって薬が効果を表すメカニズムです。

このように、薬が受容体や酵素に作用するメカニズムを知ることができれば、「なぜ薬が作用するのか」を理解することができます。これらを踏まえたうえで、「病気を発症する理由」について考えてみましょう。

(続く)