薬剤師の役割が知られていない理由

medicine

医師は、患者さんの病気を治療することが仕事です。

それに対して、処方内容から副作用などの問題が発生しないようにチェックするなど、「何も起こらないこと」を予測して仕事を行っているのが薬剤師です。

問題が起こらないように監視することが薬剤師の業務であるということは、薬剤師の役割があまり知られていない原因の一つでもあります。

そのせいでしょうか。薬や健康に関してちょっと相談したいと思ったときに「薬剤師を頼ろう」と思う人は少ないように思います。

現在、ほとんどの人は実際に病気を患ったときにのみ、医師などの専門家を頼ります。この考えを改め、病気でないときでも専門家を上手く活用すれば、より健康に過ごすことができるようになるでしょう。

セルフメディケーションの考えを取り入れ、薬剤師の力を借りながら自分自身で健康管理を行うことが大切です。

そのためには、専門家から必要な情報を引き出すために最低限の知識が必要になります。

「薬とは何か」という基礎的な概念を理解し、自分自身だけでなく、家族が服用する薬への理解を深めるためのツールとして当サイトを活用していただければ幸いです。

(続く)