薬はタンパク質に作用する

medicine

さて、とても小さい物質である薬は、どこに作用して病気の症状を改善させる効果を示すようになるのでしようか。その多くは、タンパク質に作用します。

私たちの体の中で最も多い成分は「水」です。体の中の、約60~70%が水分であるとされています。

そして、次に多い成分がタンパク質です。タンパク質は、体の中の約15~20%を占めています。これは、細胞を形作るためにはタンパク質が必要不可欠だからです。

タンパク質がいくつも集まると、細胞を形成するようになります。細胞がたくさん寄り集まると、器官(臓器など)として機能するようになります。つまり、人間を作り上げるために必要なあらゆる細胞は、タンパク質によって成り立っているということです。

例えば、髪の毛や皮膚はタンパク質で構成されています。肺や心臓、肝臓、筋肉などもタンパク質の集まりです。

このタンパク質は、実はたった20個のアミノ酸から構成されています。食物に含まれるタンパク質はそのままの状態では吸収されず、タンパク質を構成する最小単位であるアミノ酸まで分解されます。アミノ酸が腸から吸収され、このときのアミノ酸を原料として体内でタンパク質を再構築するのです。

そして、アミノ酸が列車のようにいくつも連なっていき、何十個から何千個と組み合わさっていくとタンパク質と呼ばれるようになります。

つまり、タンパク質とは、「アミノ酸がたくさん繋がっている物質」ということになります。このとき、「アミノ酸がどのような順番で連なっていくか」、また「一列で連なったアミノ酸の鎖がどのような形で折りたたまれていくか」などによってタンパク質の機能が異なってきます。

このように、細胞などを作るために必要なタンパク質ですが、それ以外にも、赤血球や白血球などに含まれる「血球成分」、病原菌から身を守るための「抗体」、シグナルを伝えるための「ホルモン」など、タンパク質は生命維持に関わる多くの役割を持っています。

「生命に関わる」というと、DNAを連想される方がいるかもしれません。しかし、DNAは単に体を作るための設計図が刻まれているだけの存在です。このDNAに書かれている情報をもとにタンパク質が作られることによって、ようやく生理機能を示すようになるのです。

私たちの体内には数万種類ものタンパク質があるといわれています。これらのタンパク質が体の中で「血糖値を低下させろ」「血圧を上げろ」といった情報伝達を行っていたり、細菌・ウイルスに対抗したりしています。生命活動には、こうしたタンパク質の機能が大きく関与しているのです。

ほとんどの薬は、このタンパク質に作用します。そして、タンパク質の中でも、薬が作用する場所を「受容体」と呼びます。

(続く)