薬の監査と疑義照会

medicine

診療所の多くは、看護師や専門知識を持たない事務員が調剤を行います。

必ずしも高度な薬の知識を持っている人が調剤するわけではありません。

したがって、このような「薬の監査」を医療機関ですべて行うことはできません。そこで、その役割の一端を薬局が担っているのです。

「処方されている薬の量が明らかに多く、処方せん通りに服用すると副作用の危険性が高まる」「他の医療機関から処方されている薬と重複していた」など、処方せんの内容に問題が発覚したときには、薬剤師は処方せんを発行した医師に問い合わせ、「処方内容が適切かどうか」について確認を行う義務があります。

これを「疑義照会」と呼びます。

「患者さんがいつも服用している用法や用量と処方内容が今回だけ異なっているが、それで間違いはないのか」「通常の使われ方とは異なる処方内容だが、それで問題はないのか」など、処方内容の変更の有無にかかわらず、処方せんの内容に疑問が生じた場合にも疑義照会は行われます。これによって、投与量の間違いや飲み合わせの有無などをダブルチェックするのです。

「処方せんのミスなんて、そんなに多くないのでは?」と思っている方は多いと思います。しかし、実際には処方せんのミスは多く、一日のうちに一回も疑義照会しない日というのはほとんどありません。重要なのは、これら薬剤師が行っている作業の大部分は、患者さんから見えないところで行われているという点にあります。

疑義照会に限らず、薬局の奥で行われている作業はたくさんあります。例えば、薬の服用量が多い方は飲み間違いがないようにすべての薬をシートから出し、1回分ずつを1包装にまとめる「一包化」と呼ばれる作業を行っています。

また、粉薬や軟膏の場合はあらかじめ分けられていないことも多いため、その場で量って薬を作ることがあります。

同じ家族の子供数人分の薬を調剤するとき、目印を付けることで投与に間違いがないように工夫することもあります。

このように、薬剤師というのは、患者さんによってはオーダーメイドで薬を調剤しています。処方せんの内容から問題点を取り除き、患者さんに合わせた調剤を、見えない場所で行っているのです。

(続く)