人類の進化と生活習慣病

medicine

人が病気になる原因は不明な場合が多い一方、病気になる「理由」は意外とシンプルです。ダーウィンの進化論にも通じる話ですが、私たちの進化の過程を見ればその理由が見えてきます。

まずは、生活習慣病を例にみていきましょう。

人類は長い間、「飢餓の時代」を生きてきました。その時間は、何千年、何万年という気が遠くなるほどの年月です。一部の貴族や豪族などの階級の人たちは別だったのかもしれませんが、現代とは違ってわずか数百年前までは、大多数の人は「飢え」と向き合ってきました。

このような飢餓状態を耐えるためには、栄養を効率良く体内に蓄えるしかありません。そこで私たち人類は、糖や脂肪などを分解・吸収して利用し、余ったエネルギーを積極的に体の中に蓄えるように進化してきました。飢餓の中で生き残るには「栄養を効率良く蓄えられる人」が有利です。したがって、必然的にそのような遺伝子を持つ人だけが残っていったのです。これによって、人は何日も食べ物がなくても生きていけるように進化していきました。

ひるがえって現代は、飽食の時代です。特に先進諸国では食べ物があふれていて、肥満が社会問題となっています。これは、糖・脂質などが体内に少しずつ蓄積していった結果です。毎日消費されるエネルギーよりも、体内に蓄積されるエネルギーの方が多くなってしまったのです。

それにともなって、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が深刻な問題となってきました。現在のように食べるものに困ることがなくなると、栄養を蓄えやすい体の性質が私たちに悪影響を及ぼすようになったのです。

例えば糖尿病の場合、血糖値を下げるインスリンの働きが重要になります。血糖値を下げるホルモンというのは、唯一、このインスリンしかありません。

しかし、よく考えてみれば飢餓の時代に血糖値を下げることは、そこまで重要でなかったはずです。それよりも、栄養がない飢餓状態の中でどうやって血糖値を上げ、活動エネルギーを捻出できるかの方がずっと重要なことだったでしょう。

実際、私たちの体には血糖値を上げる作用は無数に存在します。しかし、前述の通り血糖値を下げる働きは、インスリンによる作用しかありません。そのため、飢餓の時代ではインスリンは重要なものではなく、「進化の過程で人間が仕方なく残した、血糖値を下げるたった一つのメカニズム」でした。それが現在のように環境が激変して飽食の時代が訪れて初めて、インスリンが重要になったのです。ここから分かるのは、生活習慣病というものは、それまで人間が過ごしてきた飢餓状態から脱したことによって増えた病気だということです。

(続く)